Youth in Advocacy
若者の、若者による、社会を変えるためのプラットフォーム

lessstronglogo.png
Latest News

<2021年6月13日 開催!>

SDGs Youth Summit 2021

~ REFRAME NEW NORMAL; post pandemic recovery for our sustainable world ~ 
Youth Summit 2021 メンバー募集用(Instagram) (1
SDGsユースサミットでは、
新型コロナウィルスからの”慢性的危機”からの復興はもちろん、
2030年のアジェンダ達成に向けて必要なアクションを考え直す貴重な機会となっております!


今後、最新情報はJYPS公式SNS (@JYPS2030)等でお知らせしていきます。
参加申し込みはすでに開始されています!
​プログラムや登壇者情報はWebsiteをご覧ください!

SDGs Youth Ambassador Program 2021

若者が主体でSDGsに関するイベント、SDGsで活躍する有識者・専門家の特別講義の参加、SDGs意識調査を行い、SDGs達成に向けたアクションを起こしていただく「次世代リーダー育成プログラム」です!

​< JYPS事務局紹介ページ >

2021年秋からJYPSの運営に携わりたい!という方を募集中です!
エントリーフォームはこちらのページからアクセスできます。

また、「​実際、事務局ってどんな思い出、どのような活動をしてるの?」
という疑問に答えてくれる情報が掲載されてます!

1454565652531.jpg
​メーリス登録(JYPSへの加盟)をお待ちしております!
メーリスは、議論・情報共有の場・環境です!

持続可能な社会にむけたジャパンユースプラットフォーム

(Japan Youth Platform for Sustainability: JYPS - 発音:ジップス)とは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発のためのアジェンダ2030」やその他国連で行われているさまざまな国際的な枠組みを作るための議論に向けて、日本の若者の声を集約し、政策として日本政府や国連機関、そのほかの市民社会にその声を届けていくための「場」です。

 

アドボカシーとして、政策提言、国連交渉参加、関係省庁との会議、キャンペーン、イベント、記事掲載その他を通じて、さまざまなバックグラウンドをもつ若者の声を実現すること通じて、社会を変革することを目指しています。30歳以下の若者または、若者団体、もしくは若者のために活動する団体であれば、だれでも参加することができます。

 

ABOUT US

JYPS(プラットフォーム)の役割 =

社会を変えるためのアドボカシーの場

国際・国連会議

 

JYPSは日本の若者団体や個人が、主に持続可能な開発に関する様々な会議やその準備会合等に参加するためのアクセスを提供します。実際に会議に参加することが目的ではなく、その参画を通じて、国際的な政策形成のプロセスに影響を与え、より望ましい社会の実現を目指します。

政策立案・調整

 

日本に住む若者の意見と言えるためには、丁寧かつ民主的な形で政策立案を行わなければいけません。JYPSとして発言・発表されるものは、オープンで誰もが意見することができます。自団体・自分自身の専門分野(移民、難民、環境、教育、etc)における国連・国際政治や政策に関心はありませんか

​キャンペーン

政策提言のためには、提案に対する人々の支持を集めなければなりません。提案が政策の一部になったとしても、実施されなければ意味がありません。どのような提案をしているのか、日本政府や国連の政策はなにかを広め、人々を政策提言に巻き込んでいくのもアドボカシーの重要な役割です。

Latest Blog
地球環境基金.jpg

このWebsiteは地球環境基金の助成事業です。