• japanyouthplatform

SDGs推進円卓会議に若者の参加枠が新設!

更新日:9月9日

持続可能な開発って何?」と聞かれたらどう答えますか?

世界環境開発委員会(World Commission on Environment and Development)は持続可能な開発を「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」と定義づけています。


しかし今まで、SDGs推進円卓会議(SDGsの達成に向けた日本の取組を広範な関係者が協力して推進していくため、行政、NGO、NPO、有識者、民間セクター、国際機関、各種団体等の関係者が集まり、意見交換を行う会議。以下「円卓会議」。)に「将来の世代」にあたる若者の参加枠はありませんでした


それが2021年に、円卓会議内で若者の参加枠を新設する必要性を訴える声が上がり、円卓会議へ若者の参加が実現しました!


円卓会議に参加する若者にはその個人の意見ではなく、ユース世代の意見を代弁することが期待されます。誰がユースの代表者となるか、次世代のSDGs推進プラットフォーム(JYPSも参加している、2030年以降にSDGs推進の主役となる次世代によるSDGsへの関与を深め、主体的な推進を加速化し、国際社会に対して、次世代のSDGs推進に関する日本の「SDGsモデル」を示すため、2018年12月にSDGs推進本部のもと立ち上げられたプラットフォーム)で会議が重ねられました。


そして民主的な選挙の結果、JYPSの鈴木さんが選出され、円卓会議に参加することになりました!


鈴木さんよりメッセージ

「この度、SDGs推進円卓会議にユース代表として参加させていただくことになりました。投票していただいた皆様にはこの場をお借りしてお礼申し上げます。私がSDGs推進円卓会議の場でユース世代の声を届けるためには、より一層、ユースの皆さまと対話させていただき、声を聴く必要があります。既存の加盟員の皆さまには是非、今後ともユースとしての意見をお聞かせいただきたいですし、まだ加盟員ではない方々は、この機会にぜひJYPS加盟登録をしていただき、今後ともSDGsの推進に関する議論をさせていただきたいと思います!不甲斐ないことばかりではありますが、精一杯努めさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!」


今回、円卓会議に参加する若者の代表を選出するに当たってJYPS加盟員、加盟団体にも投票していただきました。

また、来年2023年にはHLPF、G7、G20、パリ協定の世界レビュー、SDGs実施指針の見直し等大きな会議や機会があります。SDGsや国際・国内政治、社会課題に関心のある方は、今のうちにJYPS加盟員になっていただくことをおすすめします!JYPSのメーリングリストに登録することで加盟員になることができます。



メーリングリストの登録はこちらから!

お問い合わせ:jyps-secretariat@googlegroups.com


閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Youth Day - Designing the future beyond the achievement of the Paris Agreement and the 2030 agenda - 経済発展と他の目標は相互的な関係にあり、他の目標を犠牲にすることは 社会的に弱い立場の人々への負担を最終的に増加させてしまいます 今こそ、若者が、世代を超えて様々な人々と 誰一人取り残さない持続可能