top of page
  • japanyouthplatform

「2016年 G7 Youth Network」運営委員募集

更新日:2022年9月9日


2008年G8洞爺湖サミット以来8年ぶりのG7サミットが2016年5月に三重県志摩市で開催されます。今回のG7では、SDGs策定の結果、15年後を見据えた長期の枠組みの実施されるるため、若者の参画が非常に重要になってきています。

「持続可能な社会」を実現するためには、将来を担う若者の意見を反映していく必要があります。

資源を追い求めた結果、美しかった自然が消えてしまった

賃金格差が拡大し、教育機会が生まれる場所によって決まってしまう、

政府の借金を責任のない若者が背負わなければいけない

など、

日本の若者が「今」動かなければ、変えられない社会問題があります。

G7 Youth Network運営委員会は、G7ユースサミット開催(2016年5月22日)とユースサミットに関連した活動と、幅広い若者のパートナーシップをコーディネートするために設立されました。活動期間は暫定的にG7首脳会合(2016年5月27日)までを予定しています。

G7は、2016年度伊勢志摩サミットを逃すと、次回日本で開催されるのはまた8年後になります。この8年に1度の機会を掴んで、若者の意見をG7に届けましょう!

「2016年 G7 Youth Network」運営委員登録フォーム

https://docs.google.com/forms/d/1jFesIGRl9vDhMiXNImzDeeZAqnBnfTEO9Cqg7pK5qq0/viewform

#G7 #伊勢志摩サミット

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これからのユースアクションを考える 〜生物多様性保全や気候変動対策の総合的理解と実践に向けて〜 本ワークショップでは、気候変動対策とそれに並び注目度の高まる生物多様性保全間のシナジー・トレードオフに関する議論を中心に、 各分野の現状と今後の展望を共有し、生物多様性の世界目標が更新される今年、2023年以降のユースアクションのあるべき姿を皆で考えていきます。 ワークショップ詳細 目的・イベント趣旨

bottom of page