top of page
  • 執筆者の写真japanyouthplatform

【200万円】のクラウドファンディングに挑戦します!



この度、JYPSは、【3月22日~4月22日】の間に、「誰一人取り残されない社会」の実現を目指し、政策意思決定の場に若者の声を届けるために参加する、国内外の会議やキャンペーンにかかる、資金【200万円】を募ります! 是非私たちのチャレンジを知っていただき、ご寄付という形で、多くの方に参加いただきたいです!


▼クラウドファンディングページはこちら https://congrant.com/project/JYPS/6266


具体的には、今後JYPSが開催する、G7サミットに向けた【G7ユースサミット】の開催にかかる経費や、今年、国連総会の下で行われる【SDGサミット】等への国際会議への参加経費等に活用させていただきます。

2015年に採択された持続可能な開発目標(SDGs)の目標年である2030年の折り返し地点を迎えた今、COVID-19、ウクライナ危機、そして気候変動やそれに伴う災害など、私たちはまさに「危機時代」の渦中にいます。

私たち、JYPSは、そんな今こそ、広く社会に若者の声を届ける、アドボカシー活動を活性化することを通して、本気で「誰一人取り残されない社会」を実現したいと思っています。

不安を抱える日々が続きますが、だからこそ、私たちと共に、「誰一人取り残されない社会」を実現すべく、歩みを進めていただきたいです。


また、本クラウドファンディングでは、寄付決済サービスのコングラントが提供する、寄付金が100%届くクラウドファンディング「GIVING100 by Yogibo」を活用させていただいております。


GIVING100について

https://congrant.com/jp/yogibo/

目標額を達成すると、寄付金にかかる決済手数料が免除される取り組みで、団体にとっては寄付金の多くを活動に利用することができます。

ご支援、ご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします!



閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page