TICAD7 公式サイドイベント

『若者の参画とパートナーシップーSDGsとアジェンダ2063を達成するために-』

TICAD7公式サイドイベントが2019年8月27日にパシフィコ横浜にて開催されました!!
​概要
本サイドイベントでは、若者の参画メカニズムの現状と政府と若者の間のパートナーシップ
について議論しました。
アフリカで活動する4人をユースを招き、彼らの活動やアドボカシーの事例を共有し、若者の意見とは何か、それを政策決定に活かすにはどうしたらいいのか、アフリカ連合やUNVの方とともに議論しました。

日時:2019年8月27日(火)15:30~17:00

会場:パシフィコ横浜 アネックスホール F204

主催者:持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS)

共催者:SDGs ケニアフォーラム、市民ネットワークforTICAD

​プログラム・登壇者
  1. 開会挨拶:Ms. Florence Syevuo:SDGsケニアフォーラム

  2. 祝辞:Mr.Khalid Boudali:アフリカ連合 経済・社会・文化評議会 副議長

  3. セレモニー

  4. ユース政策提言書説明 山口和美(JYPS参画部、TICAD7ユースサミット実行委員会統括)

  5. 政策提言書の手交、写真撮影

  6. 基調講演: Mr. Toily Kurbanov:国連ボランティア(UNV) 事務局次長

  7. パネリストプレゼンテーション

    1. Mr. Webster Makombe:Scaling Up Nutrition(SUN)グローバル・ユース・リーダー(ジンバブエ)

    2. Mr. Gwei Micheal:ブエア大学修士、テクノロジー専攻(カメルーン)

    3. Mr. Fitsum Lakew:WACI Health, コーディネーター(エチオピア)(TBD)

    4. 大久保勝仁:JYPS参画部統括、SDGs市民社会ネットワーク理事

  8. パネルディスカッション・Q&A

  9. 閉会・フォトセッション

2019年8月にパシフィコ横浜で開催されたTICAD7に向けて、TICAD7ユースサミット参加者・Facebook・メーリングリストといったネットワークを活用してユースの意見を集約したユース政策提言書をアフリカ連合 経済・社会・文化評議会副議長のMr. Khalid Boudaliに手交し、TICAD7における政策決定の場にユースの声を盛り込むように要望いたしました。
TICAD7ユース政策提言書はコチラ
​運営について
Copyright©️JYPS All Rights Reserved