TICAD7 Youth Summit

TICAD 7 ユースサミット
ーアフリカと日本のユースで共に考える、
              私たちの未来―
2019年8月、7回目となるアフリカ開発会議(TICAD7)が横浜にて開催されました。
TICAD7 YSでは、TICAD7に向けて、より多くの若者を巻き込むために開催されました。
​開催目的
2019年、アフリカ開発会議(TICAD7)にあわせて、
ユースの参画の重要性が非常に高まっていました。
多国間協議の場で若者はTICADの重要性を認識し、主体性を持ってTICAD7のアジェンダ策定に参画するため、すべての若者があらゆる垣根を超えて手を取り合い、若者としての声を世界に発信していく必要があります。
 
TICAD7ユースサミットは、TICAD7に向けて若者のアフリカへの関心を高め、ネットワークを構築し、今後のアクションを促進するために開催されました。​日本とアフリカの若者で、TICAD7の三本柱(人間の安全保障、経済開発、平和と安定)に関わる、教育、雇用、紛争、保健、開発とビジネス、
西サハラなど幅広い分野を議論し、提言を行います。
また、若者のアフリカに関わるアクションを促進するための、
企業やNGOのブース出展やネットワーキングを行いました。

Program

10:00-11:15 開会式・全体会 

             「若者の声と行動が変える未来」

11:30-12:50

分科会第1サイクル

 分科会1-1:持続的成長のための教育とは何か

 分科会1-2:若者のリアルな就職状況から考える雇用問題

 分科会1-3:難民問題の恒久的解決策を考える

13:50-15:10

分科会第2サイクル

 分科会2-1:コミュニティを巻き込んだ主体的な健康促進

 分科会2-2:ビジネスによる開発で大切なこと

 分科会2-3:西サハラから考えるアフリカの平和

 

15:20-16:20 マッチング会、ネットワーキング、宣言文コメントタイム

16:30-17:00 閉会式+宣言採択

2019年8月にパシフィコ横浜で開催されたTICAD7に向けて、TICAD7ユースサミット参加者・Facebook・メーリングリストといったネットワークを活用してユースの意見を集約したユース政策提言書をアフリカ連合 経済・社会・文化評議会副議長のMr. Khalid Boudaliに手交し、TICAD7における政策決定の場にユースの声を盛り込むように要望いたしました。

​運営について
Copyright©️JYPS All Rights Reserved