• japanyouthplatform

SDGs実施指針改定に向けたユース会議を実施しました!

2022年10月9日(日)に、オンラインにてSDGs実施指針改定に向けたユース会議を実施しました!


〜ユース会議実施の背景〜

今般、2019年に日本政府が改定した「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」が2023年に再度改定されることになっております。

これを受け、幅広いステークホルダーの意見や考えを集めることを目的としてSDGs推進円卓会議民間構成員主催による「SDGs実施指針に関するパートナーシップ会議2022(第1回)」(7月27日)が開催されました。


その後、第2回目の会議にむけて、より多くの方々の意見を反映させるため、SDGs実施指針改定に向けた、日本のSDGsの取り組みや政策に関する意見や提言の募集が開始されています。(募集のサイトはこちらから)




JYPSとしては、このプロセスの中で、国際的にも重要とされているユースの声を適切に反映させていくことが極めて重要であると考えております。そこで今回は、幅広く日本のユースの参加者を募り、多様なメンバーでディスカッションを行い、提言につなげていく機会を作りました。当日は5つのP(2030アジェンダで掲げられている持続可能な開発のキーワード)である、人間(People)、地球(Planet)、繁栄(Prosperity)、平和(Peace)、連帯(Partnership)に分かれて分科会を実施しまして、各分科会で積極的なディスカッションが行われました。


〜今後の流れ〜

JYPSでまとめた提言は、今後その他の団体からの提言内容も踏まえて整理され、SDGs推進本部へ届けられる予定です。


SDGs実施指針改定においてはそのプロセスが未だ不透明なことも多く、JYPSとしても今後の動向に注視しております。引き続き政策提言部を中心に、積極的にこのテーマにおいても活動して参ります。


何か進捗がありましたら、このブログの方でも発信していければと思います。

どうぞよろしくお願いします。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

これからのユースアクションを考える 〜生物多様性保全や気候変動対策の総合的理解と実践に向けて〜 本ワークショップでは、気候変動対策とそれに並び注目度の高まる生物多様性保全間のシナジー・トレードオフに関する議論を中心に、 各分野の現状と今後の展望を共有し、生物多様性の世界目標が更新される今年、2023年以降のユースアクションのあるべき姿を皆で考えていきます。 ワークショップ詳細 目的・イベント趣旨