SDGs/HLPF

​概要

 1992 年の地球サミットから20年を経て、ブラジル政府が,1992 年から20周年を迎える機会に,同会議のフォローアップ会合を行うことを提案したことを受け,2009年の第64回国連総会で開催が決定されたものが、持続可能な開発に関する国連会議(The UN Conference on Sustainable Development)/「リオ+20」です。

その成果文章「我々の求める未来 (The Future We Want) 」の中で,今までよりも強力なフォローアップ会議の必要に答えるものとして、High Level Political Forum (HLPF)の設置が宣言されました。

2013 年には、具体的なHLPFのモダリティを決める交渉が行われ、その内容は国連決議 67/290として採択されました。

 HLPFとは、2012年の国連持続可能な開発会議(リオ+20)に基づき、2015年の9月に国連総会において全会一致で可決された「2030アジェンダ」及びその中に掲げられているSDGs (Sustainable Development Goals) と呼ばれる国際目標や、仙台防災枠組み、持続可能な生産と消費に関する枠組み等の持続可能な開発に関係する国連枠組みに関して、各国の取り組み・進捗状況共有・実施の仕方を確認し加速させることを目的にした非常に重要な会議です。