• 小池宏隆

アドボカシートレーニング開催!


今年の9月に策定されたSDGsは、政府間での交渉だけでなく、NGO、企業などの民間セクター、女性、そして若者などのステークホルダーの意見を集約した、包摂的(inclusive)かつ包括的(holistic)な枠組みです。Japan Youth platform for Post2015では、政策策定の場において、若者の意見の『集約・調整』と『政策提言(アドボカシ―)』をおこなっています。

そこで今回は、様々な学生を対象としたアドボカシ―・トレーニングを、クリスマスシーズンの寒空の下行いたいと思います。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

メインスピーカー: 1. 国連にて若者のアドボカシ― / 小池宏隆。 2. 2016年開催されるG7のアジェンダの国際保健 / Yuki Takahashi 3. アジア太平洋でのアドボカシーから / 外池英彬 以上を織り混ぜながら、アドボカシ―の現場を紹介していきます!

後半には、実際に学生の活動を、どう政策策定に反映させていくかのトレーニングを行ないます! 終盤の座談会では、各団体の活動を共有したいと思います。

プログラム詳細 : https://goo.gl/lgipIY

質問等ありましたら: tonohideaki@gmail.comまで連絡ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

開催日: 2015年12月23日(水) 時間帯: 12:00-15:00の約3時間程度を予定。途中参加・退出可 場所:   渋谷(詳細は参加者に別途連絡) 費用:   500円

登録はこちら


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「持続可能な開発って何?」と聞かれたらどう答えますか? 世界環境開発委員会(World Commission on Environment and Development)は持続可能な開発を「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させるような開発」と定義づけています。 しかし今まで、SDGs推進円卓会議(SDGsの達成に向けた日本の取組を広範な関係者が協力して推進していくため、行政、